四季と風土を感じる日本料理

現在、世界中から「WASHOKU(和食)」として注目を集める日本料理。この国は峻険な山々が平地を分かち、季節の移ろいが寒暖をもたらし四季折々がはっきりと彩られる美し国です。そんな自然豊かなこの国で海の幸、山の幸、野の幸など、旬の食材をおいしく味わうために生まれたのが日本料理です。また時代と共にそれぞれの地域に根ざした「郷土料理」や、食の美を追求した「割烹料理」などが育まれてきました。四季を感じ、その土地の風土を感じ、郷土の文化を設えたきめ細やかな料理技術は今も昔と変わらずに受け継がれています。洋食文化が広まった今だからこそ、私たち日本人が守ってきた豊かな食文化と美しさが日本料理には詰まっています。

そして豊かな食文化を育んできたこの国の中でも新潟県は日本料理を提供する上で最高の地域だと言えます。四季折々がはっきりしている日本の中でもひときわ四季のコントラストが強く、山々に囲まれ、豊かな平野が広がり、美しい日本海に面しています。山、里、海それぞれに豊富な食材に恵まれ、厳しい冬に降り積もった雪解け水を使用したお米やお酒は世界中で高く評価されています。そんな食材豊かなこの新潟県のほぼ中央に位置するのが遊亀楼魚兵が150年に渡り日本料理と向き合ってきた土地「燕三条」です。燕三条は全国有数のものづくりのまちとして知られています。この土地で製造される調理道具やキッチンウエア、カトラリーなどは今でも世界中から高い評価を受けています。

燕三条料理

食材の宝庫である新潟県には様々な郷土料理や名物料理があります。燕三条にも新潟県の郷土料理である「のっぺ」や「煮菜」を食する文化はありますが、こと燕三条独自の食文化というとそれ程多くはありません。、独自の郷土料理が少ない燕三条にあり、お料理でこの土地の風土や文化を感じてもらうために、この土地で作られる調理道具でお料理を作り、この土地で作られる食器でお料理を召し上がって頂く、食材や調理方法だけにとらわれずにこの土地の風土や文化を体感して頂くために遊亀楼魚兵が表現するのが燕三条料理です。

私たちが150年もの長きに渡り商いをさせて頂いている燕三条という地域は金属加工業、金物卸売業、木工業などが盛んで ものづくりのまち燕三条として全国的に有名な地域です。この地域ではそれぞれの職人が日々技を磨き、切磋琢磨しながら製品を作りあげています。一つ一つ燕三条の職人が作り上げた包丁や鍋といった調理道具を使用してお料理を作り、一つ一つ燕三条の職人が作り上げたお箸やカトラリーで召し上って頂くお料理は正に燕三条の地場産業を存分に感じることのできる燕三条料理といえます。この土地の道具職人達が守り伝えてきた技術の結晶を当店の日本料理職人が同じ職人として力を合わせてお客様の目の前に日本料理となり披露されます。